海外FXを極めるぜ。

FXの売買での確認画面の表示は省略も可能

FXの業者が提供している取引画面には、共通要素がいくつかあります。その1つは、確認画面ですね。

例えば売買をするために、取引画面でレートをクリックしたとしましょう。その際に、確認画面と呼ばれるポップアップが表示される事があるのです。何を確認するかというと、本当にその売買で問題が無いか否かです。

その確認画面での文章の表現は、各社様々ですね。文面のニュアンスとしては、「本当にその注文で宜しいでしょうか」という雰囲気です。

何せ実際のお金が動く売買ですので、FXの業者としては利用者にきちんと確認をして欲しいのでしょう。一歩間違うと、大きな金額が動く可能性があるからです。

しかし短期売買を行っている方々にとっては、その画面が少々わずらわしく感じることがあります。というのも短期売買では、とにかくスピードが求められます。わずか0.1秒遅れても、売買のチャンスを逃してしまう事にもなりかねないのです。

売買をしたい時に確認画面が表示されると、もう1クリックもしくはも1タップしなければなりません。その分売買をするまでに、時間がかかってしまう訳ですね。

このためFXの業者によっては、確認画面を省略できるように設定できますとアピールをしている事があります。

たいてい各業者の取引画面には、設定というボタンがあります。それをクリックすれば、確認画面を表示させないようにできる訳ですね。

短期で売買をする方々は、表示をさせないように設定させておいた方が良いと思います。しかしある程度長期間での売買を検討している方にとっては、ちょっと話は別ですね。スワップ狙いでFXの売買を行っている方となると、ある程度は慎重になるでしょう。万全を期したいと思っている一面もありますので、却って確認画面が表示される方が嬉しいかもしれません。

確認画面を表示させたいか否かは、各自の売買スタイルによって異なってくると思います。自分の好みに合わせて、その設定をすると良いでしょう。

FXでの取引通貨の選び方

FX取引をおこなう場合、一番最初に迷うのが、どの通貨を選ぶかということだと思われます。FXというものは、ふつうの外貨預金とは違い、取引できる通貨はたくさんあります。米ドルやユーロといったものはもちろんですが、トルコリラやアフリカランドといった、あまりメジャーとは思えない通貨も選択できるのです。

さて、こういったメジャーとは思えない通貨ですが、これらは一般的に金利が高いといえます。したがって、金利差で稼ぐ、つまりいわゆるスワップポイントで稼ぐことを考えている人には、向いているともいえます。しかし、一般的でないということは、情報量も少ないことになります。そして、政情などにも不安な要素があるので、何があるかわからないということもあてはまるのです。そういったことでは、初心者にはおすすめできない通貨だと考えられます。

では、FX初心者はどういった通貨を選択したらいいでしょうか。それを考えると、やはり入ってくる情報の多い通貨を選択するといいと思われます。たとえば、米ドルやユーロといった通貨は、一般的なニュースから、その動きを読むことができます。したがって、情報量が多いと思われるのです。そして、初心者でも買いやすい通貨だといえるのです。

まずは、米ドルやユーロといった扱いやすい通貨で取引をおこなっていき、慣れてきたら、トルコリラやアフリカランドといった、マイナーな通貨を買うようにするといいといえます。FX取引というものは、為替相場の動きというものを予測することが大切です。そのためには、いろいろなニュースなどで情報を得ることが必要なのです。米ドルやユーロを取り巻くニュースというものは、比較的多いといえます。それらを参考にして、取引をおこなうようにすれば、初心者でもうまくいくと考えられます。

ただ、スワップポイントというものも、FXでは見逃せないものです。高金利のマイナーな通貨の魅力も忘れてはいけないといえるでしょう。

最近スイスフランショックの影響か、海外FX業者が話題になっています。

今後も国内FX業者から海外FX業者に移行する個人投資家は増える一方でしょうね。

最近話題のサイトがこちらのようです。⇒海外FX口座の巨匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>